スポンサーリンク

両国湯屋江戸遊[両国]中学生未満は入場できない大人のスパ!サウナと充実したコワーキングスペースの活用で働き方改革を!

サウナ巡り
スポンサーリンク
あくまでも個人の主観での評価です。※詳細情報は公式サイトを参照ください。
▼近隣のグルメ情報
スポンサーリンク

両国湯屋 江戸遊

訪問  :2019年8月

今回は両国国技館のある街、両国にある『江戸遊(エドユウ)』です。両国駅はJR総武線と都営大江戸線のそれぞれにありますが結構、駅間の距離が離れています。(徒歩で7分くらい)江戸遊は都営大江戸線の両国駅が最寄りとなります。

変わった形状のビルになっている江戸東京博物館の近くになります。

入口です。写真ではわかりづらいですが、波模様の部分が暖簾のようなデザインになっています。

江戸遊は2019年6月に全面リニューアルされました。リニューアル前は数回利用したことがあったのですが、リニューアル後は今回が初訪問です。

入口を入ると正面の受付カウンターがあります。浮世絵テーストを取り入れた和モダンな雰囲気になっています。(テーストはリニューアル前も似ていました。)

まずは入口左の靴箱に靴を収納します。ここのカギが館内での清算に使用するICカードを兼ねています。

ICカードの関係もあり?男女で使用する靴箱(=カギの色)が分けられています。男性=青い鍵のエリア、女性=赤い鍵のエリア
靴箱のカギをフロントに見せて受付を行います。通常料金の中に「岩盤浴」の利用料金も含まれているのですが、毎回この受付の時点で「岩盤浴を利用しますか?」との質問を受けます。
 
「岩盤浴は利用しない!(NO)」の場合は岩盤浴専用の館内着を提供しないため、確認の質問になっているのですが、この時点で「岩盤浴の利用有無」を決めていない人はきっと戸惑いますので要注意です。
 
利用しないと回答した後も、通常料金に含まれていない別料金(有料)の岩盤浴の説明を受けるマニュアルになっているようなので聞いていても混乱します。『通常料金に含まれる岩盤浴は使用しないけど、別途有料の岩盤浴は利用する人』が存在するのか?疑問です。
 
気になったので、他の人の受付状況も見ていたのですが、常連以外はこの一連の質問で困惑して一瞬フリーズしている人、質問する人が多数います(笑)
システムテムおよび受付の注意事項!!
< 前提 >
・通常料金にはすでに「(通常の)岩盤浴」の利用料は含まています。
・通常料金に含まれていない別料金(1000円)の特別な岩盤浴も存在します。

<受付時の質疑>
「岩盤浴を利用するか?」と質問されます。
※仮にしないと答えた場合でも、別料金の岩盤浴の存在説明を受けます。
この情報を事前に理解した上で「岩盤浴」を利用するか否かは事前に決めておいた方がスムーズな受付が終了できます。「利用しない」と回答した場合は岩盤浴セットがもらえないだけなので、迷ったら「利用する!」が正解だと思います。(利用しない場合はバスタオルやフェイスタオルがもう1セット提供されるなどの交換条件でもない限りは)
 
または「今決める必要があるのか?」とか「入場後の気分で決めたい!」などの決定延期が許されるのか?ぜひチャレンジしてみてください。(笑)聞く側も、聞かれる側も不毛なやり取りに感じますので改善されることを個人的には願っています。

[基本情報]

24時間営業 - 11:00~翌9:00
カプセルホテル ー 
館内Wifi
食事処
休憩スペース
男性専用 - 男女ともに利用が可能

あり・・〇  なし・・-

女性客も多いスパです。中学生未満は入場不可のため注意が必要です。
スポンサーリンク

個人的評価

個人的に3つのを視点で評価しています。

評価基準は下記を参照ください。

サウナ(浴場)

清潔感 リニューアル直後でキレイです。
サウナ温度 中温、高温の2種(女性用は高温とスチームのようです)
サウナ内TV  
サウナマット使い放題  
水風呂  
タオル使い放題 ×  
ロウリュウ 定時開催(3回程度/1日)
外気風呂  
天然温泉 ×  
アメニティ 1通りあり(少な目)
     16 〇:2点 △:1点 ×:△1点
ジャグジーや薬草風呂など複数の浴槽があります。
リニューアル前にはなかった外気浴スペースも新設されています。
2Fにある男性用浴槽入口です。
高温サウナイメージ 引用:公式HP
ロウリュウが行われるサウナストーンの積まれたサウナ室です。足元の照明は時間で色が変わるタイプです。
中温サウナイメージ 引用:公式HP
水風呂イメージ 引用:公式HP
水風呂は深さもあり気持ち良いです。紐を引くと桶にたまった水が落ちてくるタイプのかけ水もあります。
 
屋内浴槽イメージ 引用:公式HP
ジャグジーと高濃度炭酸泉湯の浴槽です。壁には赤富士がキレイに描かれています。
 
外気浴スペースイメージ 引用:公式HP
細かい気泡で白濁した浴槽と、漢方系の薬草風呂です。
<特徴①>
全体的にキレイな設備です。

<特徴②>
なし
<特徴③>
外気浴スペースは構造上の問題なのか風通しが少なく、屋外の感覚はあまり感じられません
 

休憩スペース 

リクライニングソファ 男性専用、男女共用のエリアあり
電源 ソファはUSBタイプ
個人TV  
漫画・雑誌 少ないです。
雰囲気  
5 〇:2点 △:1点 ×△1点
休憩スペースはかなり充実しています。またコワーキングスペースに注力しておりPC作業を行う人にとっては魅力的な環境です。
2F(男性フロア)にあるリクライニングシートの設置エリアです。

3Fにある男女共用の雑魚寝スペースです。

3Fにある男女共用のリクライニングシートのスペースです。

2F(男性フロア)にあるコワーキングスペース(湯WORK)の入口です。リニューアル前の浴場スペースがそのままコワーキングスペースに変わったようです。

赤富士をバックにした旧浴槽を流用した座敷タイプの作業スペースです。電源の確保は問題ありませんでした。中央の8角形は旧水風呂だったと記憶していますが、ここも形状を活かして大型の作業テーブルになっています。ここも電源ありです。

大きなテーブルとカウンタータイプの作業スペースもあります。そのほか旧サウナ室が小型会議室のようなスペースになってました。

<特徴①>
コワーキングを併設するサウナやスパも増えてきましたが、広さや席タイプのバリエーション等の設備充実度としては、個人的な見解としてはNo1だと思います。
<特徴②>
中学生未満の入場制限もあり、休憩スペースやコワーキングスペースは全体的に静かなため仕事も効率的に実施できると思われます。
<特徴③>
無料WiFiも安定して利用できます。
<特徴④>
なし
 
4Fは女性専用フロアになっているため2Fと類似した女性専用の設備があると思われます。

食事処

未評価
価格 高めです。
メニュー豊富 普通です。
分煙・禁煙 禁煙です。
雰囲気  
7 〇:2点 △:1点 ×△1点
男女共用で使用する3Fに和風レストランとカフェの2か所あります。
カフェのエリアです。卓上のタブレットでオーダーするようです。(今回は利用せず)
 
和風のレストランの雰囲気です。掘りごたつ、テーブル、団体用の個室など一通りのパターンに対応できるようになっています。(ここはリニュール前とあまり変わっていない?)
定番メニューです。
限定メニューです。
今回はビールのみで、食事はとりませんでした。
<特徴①>
雰囲気は良く、客数も十分にあります。
<特徴②>
なし
<特徴③>
若干ですが全体的に料金帯が高めです。
スポンサーリンク

総評

正直、サウナや風呂は際立った個性はなく全体的に普通と言う印象を持っています。リニューアル直後のため設備を非常にキレイですが・・。

岩盤浴の種類が多いことからメインのターゲットは女性と、夫婦やカップルなんですかね?

ただし今回のリニューアルでコワーキングスペースとしての機能性は非常に充実しました。ノマドワーカーやフリーランスの方が仕事を効率的に行う場所としての評価は高いのではないでしょうか?(現状それほど混みあっていないこと、子供が入場できない施設であることも含め)

テレワークや働き方改革など、これからの時代にあったワークスタイルの一助になる可能性の高いスパだと思います。

▼近隣のグルメ情報

▽近隣のサウナ情報
タイトルとURLをコピーしました